ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

今日のよもやま

どうもこんにちは。

今日は久々になんだかダメで、日中の大方は横になってる状態でした。

ううう。なぜ、こんなときに…!

それでもなんとか、ちょいちょい申請書を書いております。

でも。

なんか、うまくいきません。

これまでに何回か研究経緯や修士論文の概要や研究計画書は、確かに書いたことがあります。

ただ、うまく指定された範囲内におさめることができないのです。

書いても書いても、自分の納得する形でまとめることができません。

ううう。

こんなときはホントに情けなくなります。

というか。

ドクターに上がってから、なまじお金が下りるという甘い汁を知ってしまって、

隙あらば少しでもお金をいただこうという、イジキタナイ根性が発達してしまいました。

確かにね、ドクターになると、出費がものすごく増えます。

学会に行くにしても、近郊だけではすまなくなるし、雑誌に投稿するにしても、

まずは学会に年会費を払わなくてはなりません。

それに、調査も従来よりも範囲がずっと広くなるし、先行研究だって同様。

すべての作業の範囲が増えるということは、必然的にお金もいるということです。

とはいっても身分は所詮学生。アルバイトかオコズカイ以外に収入源はありません。

だからこそ、みんなして財団やら資金援助やら研究者育成事業やらに群がるわけですよね。

でもでも。

分かっていても、全国何千何万といる、自分よりも確実に優秀な人たちと競争するなんて、

すでに負けが分かってる試合をするようなものです。

正直、なかなかやる気が起きません。

でもでも。

年度始めに、こうやって自分の研究を一から見直すことは大事なことだよね。

と殆どムリヤリに、自分をなだめて書いております。

今日は母の日。

近所のお寿司屋さん(ええ、私が学校で愛用してるあの歴代首相漫像の描いてある湯呑みの店だよ!)で、

ちょっとしたお祝いをしました。

両親は、テレビを見ながらゆっくり自宅2次会としゃれ込んでおります。

そんな中、ひたすらパソコンに向って空白を埋めていく私…。

がんばります。