ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

昨日のよもやま(渋滞編)

どうもこんにちは。

つーか、更新休んですいません。

おととい昨日と、指導教授の「調査」にくっついて、

山梨の野辺山あたりと甲府に行ってきました。

昨日は夕方には甲府を出たんですけどね。

渋滞にはまり2時間の道のりが6時間半になりました。

どーん。

ガソリンが怪しくなったのでサービスエリアに入ろうとしても、

そこも渋滞。

先輩と先生と三人で「うおおー」とか言いながらもくっちゃべってたら、

並んでいる車たちから異変が。

まずは殿方が突如車から走り出してきて草むらへ。

あ。…間に合わなかったようです。

しばらくしてから、今度はトンネルの中で殿方が車から出てきて緊急電話のそばへ。

事故でもあって連絡してるのかな?とみんなでしゃべってたら、

電話の横にむこう向いて立ってました。

ああ。みんな、かなり切羽詰ってたのね。

しばらくして。今度は女性が動かない車の列を横目に、すたすた歩いていきました。

それから、次々と女性たちがサービスエリアへと歩いていきます。

ああ。女性は殿方と違って、そこらへんでするわけにいかないですもんね。

私と先輩はふざけて、歩いていく人々を見ながら勝手にアフレコして遊んでましたけど。

その姿は、なぜかキャンプへ向かう難民たちを彷彿とさせました。

そんなことをふと話していたら、なんだか妙に哀しくなりました。

まーそんなこんなで。着いたのは夜の11時。

妙に疲れてしまったけれど、でも充実した調査でした(?)。

そこでのお話はまた今度。