ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

おとついとかのよもやま

どうもこんばんは。

なんというか、更新遅れてすみません。

えと。金曜日はゼミのOBとお話したり、

パソコンを新しく買うために調べたり話を聞いたり、

ゼミの飲み会があったりとイロイロあった一日でした。

んで。土曜日は…少し余裕ができたので、

暑中見舞いを書いたりとか、調べ物とかしてました。

んー。(昨日は)そんなに忙しくないのにほったらかしてすいませんでした。

超どうでもいいことなんですけど。

本を買いました。

森見登美彦 『きつねのはなし』 新潮文庫

今までのおばか大学生の妄想ワールド全開とかそういうところは封印された、

ホラーというより「怪談」です。

短編集ですが、少しずつそれぞれの話の世界が繋がれていきつつも、

結局よく分からないというか曖昧でぼんやりとした世界の中へ解けていくような、

それでいてぞくりとする読後感でした。

いやー、好みは分かれるかもしれないけど、私はこういう世界好きです。

何と言うか、坂口安吾とか泉鏡花とかを彷彿とさせました。

あと。

先日、誘惑に負けて、某ファーストフード店でお昼を食べてしまいました。

そこで。キャンペーンとかで缶バッヂをもらいました。

わざと何が書いてあるのか分からないように入っていたので、

さっそく袋を開けてみたところ。

「いつも鼻からシャボン玉」。

…。何これ。

「いつも鼻からシャボン玉」ぁ?

ナメてんのか?!

ここまでくると、逆に捨てる気も起きず。

机でいつも鼻からシャボン玉を出してます(意味不明)。