ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

今日のよもやま

どうもこんばんは。

えー。

諦めていた学会エントリー、やることにしました。

理由は割と簡単です。

今日、たまたまゼミの先輩と会って、立ち話をしました。

その時に、「夏に言ってた学会発表はどうなった?」と聞かれ、

「(ぎく。)あ、いや…今年は諦めることにしました」と言ったら、

「ダメだよ!発表しなくちゃ!!」と怒られてしまいました。

聞くところによると。

D1の今年は、一番発表しやすいとのこと。

でも、論文で手いっぱいで、新しい調査できてないんですけど…と見苦しく言い訳したところ。

修士論文があるでしょ!ていうか、論文行き詰ってるなら、そこからネタを上げるんだよ!」

とのこと。

外の世界での反響を踏まえれば、行き詰ってる論文の突破口が開けるカモ?!ということらしく。

むむむ。そんなテクがあったのか…!

とにかく、やってみます!と言って別れたものの。

実はエントリー期限切れてました。

ここで使うのが、コネコネ倶楽部、ぢゃなくって!日ごろからの先生との信頼関係★☆(最低)

指導教授の入院や事務作業の引き継ぎなどでエントリー準備ができなかったのもあったので、

今日の授業の先生に泣きついて、ダメもとで一応書類を見て頂けることになりました。

で!

そっからが怒涛ですよ。

自分の書きかけ論文(添削入りまくり)から、ムリヤリ題目と要約をひねり出す。

…。

…!

あれだけ悩んでできなくて諦めたのに!

なんか、一時間で、お粗末だけど一応発表題目らしく作れたし!!

今までの、あの!あの産みの苦しみは!何!!

アタシの時間を返してー!!!(雄叫び)

…。

これから、サブゼミの準備の続きに入ります。

うん。アタシがんばる。