ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

今日のよもやま(びびり編)

どうもこんばんは。

最近滞り気味ですみません。

明日は学会です。

今更ですけど、初めて学会で発表します。

改めてホームページを確認してみたところ、持ち時間は20分しかない。

エントリー時に言われていた発表時間は「12分程度」(実に微妙な数字だ)。

ま、20分が持ち時間ならば致し方ないのかも。

確かに、一か月以上前に既に要旨というか、

抄録を論文形式でオチまでつけて送っているので、

「うああああ~」と思っても、ほとんど修正はききません(意味不明)。

それでも昨日は一日四苦八苦しながらレジュメを作り、今日刷ってはみたものの。

怖いです。

今更どう改善しようもないと分かってはいるものの、

刷り上がったレジュメを見て、そのレベルの低さに改めて自己嫌悪。

初めて行く学会だし、学会という場で発表するのも初めてだから、

どんな感じでやればいいのかすら分からない。

しかも、学会発表で一番怖いのが、質疑応答

一体どんな質問が飛んでくるのかが、皆目見当のつかない状態。

だって!あたしのブース、一緒に報告する人出版社の人だし!!

どの程度の前提知識で攻めていっていいのかすら、分からない…!

明日までにどのくらいの知識を詰め込んでいけばいいのでしょうか。

うおおおおおおおお。

お気楽に見に行っているだけでは決して味わうことのない恐怖とはこのことですね。

たった20分で!アタシのこれまでの苦しみを分かってもらえるわけが、ない!

けど、そんな人たちが山ほど集まるのよね。

うおお。

今更だけど、日頃の努力不足、準備不足、怠慢を悔やむ今日この頃。

うああ。

とりあえず、粉砕してきます。