ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

魂の叫び

どうもこんにちは。

ああ。

論文なんて、書くもんじゃないです。

確かに、卒業論文修士論文よりは圧倒的に分量少ないですけど。

結局苦しいのは、同じ気がする。

字数が少ないけど、却ってうまいことまとめなければならないという苦しみが生まれるし。

書式がうるっさいし。

書きあげても、英語の要約を作らないといけないし。

何より、一回春に期限が間に合わなくて投稿できなかったし。

半年前、今は亡き指導教授に「一週間で60枚(400字詰め原稿用紙)は無理だよ」と、

呆れられたのが懐かしい…。

それから実質八月末まで、何度も直しては返されして。

スランプになったところで先生が入院されて、結局そのまま先生は亡くなってしまいました。

締め切りは今月末。遅くとも週末には完成させていないと、投稿が出来ません。

…絶対に、完成させてみせる!先生へのせめてものハナムケだあ!!

明日のゼミに出られますように…。