ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

昨日のよもやま(おねーたま編)

どうもこんばんは。

我が家のテレビが、新しくなりました。

某電器メーカーにお勤めのおねえたまが、

「デジタル放送に移行するまであと少しだから、今が底値だよ!」と、

おとーたまをせっついたからです。

ただ。

電気屋さんに行ってディスプレイを見た我らがご両親は、

思いっきりライバル社のテレビをご購入。

「ちょっと!今不景気で、ウチの会社やばいんだから!!」という、

かの地のおねーたまの叫びは、華麗に無視された方向です。

で。

ぷりぷりしながらご帰京なさったおねーたま。

「久しぶりに高いもの食べたい(最低)」というリクエストにお答えした形で、

昨日はゴオジャスに家族で外食。

と、おもむろにおねーたま。

おねーたま「あたし4月から、某国に異動になるじゃない?」

うん。それはこないだ聞いた。

数週間前の土曜日の朝七時に全員たたき起こされてね。

おねーたま「もうひとつ、ご報告がありまーす」。

いやな予感。

おねーたま「異動する前に、結婚することにしましたー!」

はあ?

何言ってんの?

某国行くの、いつよ?

ていうか、今何月よ?

バカじゃないの?

これには全員、絶句。

その後おとーたまは華麗に無視を決め込んだらしく、

決してその話題に触れようとしませんでした。

ま。

おねーたまもいい年だし。別にソレ自体は構わないのだが。

うちの両親も父の単身赴任中に結婚が決まり、

別の街に異動になった時におかーたまと結婚して連れてったので、

海外赴任に伴う結婚話に関しては、割と理解がある方。だと思う。

しかし。

その後、我が家は荒れたのだった。

ああ。

おねーたまはどこまで行っても台風の目である。