読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

読破

先程ミノタウロス、読破!!

いやあ。

やっぱり大蟻喰様はスゴイです。

好き嫌いというか、肌に合う合わないが強烈に出る作品、な気がしますが。

人殺しや強盗、裏切りをした人間は、えてしてこう罵られる。

人でなし、けだもの。

人であって人でない、でもけだものと言うにも割りきれぬやり場のない感情。

人間から「人でなし」、「けだもの」へと転落しつつも、人間であることを辞められない、

まさに半獣半人のミノタウロス

私は西洋古典に疎いのでよく分からぬのだけれど、

ミノタウロスは、地下の迷宮にいて生け贄を喰っていたと記憶しています(違ったらすみません)。

なぜか私には、退治される存在の彼が哀しい存在に思えて仕方ないのでした。

今回の作品、そんなミノタウロスのイメージとドン重なりしました。

というか。

大蟻喰様のタイトルセンス、毎回絶妙で惚れ惚れいたします。

ああ。あたくし大蟻喰様に、一生ついていきます!!!