読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

今日までのよもやま

どもども。

更新途絶え気味ですいませんでした。

えーと、土曜日は指導教授を偲ぶ会ということで、

指導教授とお親しかった先生方が内内の会を催して下さって、

それに現役の教え子代表(?)として御招待されました。

というか、研究者(=先生方?)の中では、「教え子」というと、ドクター院生以上のことを言うのですね。

もちろん、学部生や修士の院生方も教え子なんですけど、

なんかもっと師匠と弟子っぽいニュアンスが強い感じですかね。

だから、たまたま当時ドクター院生が私しかいなかったので、

全然専門は違うけど呼ばれたというわけです。

(決して出来がいいとか後継者というわけじゃないのがサミシイ…)

で、翌日は、小中高の同級生の結婚式でした。

彼女とは、かれこれ何年の付き合いなのでしょうかね、

実際に仲良くなったのは中一の野外活動のときにバスで隣だったからと記憶してますが(笑)。

いやー、彼女が結婚するという連絡を受けたときは驚きましたけど、

式に来るメンバーを聞いて、彼女たちに会うのも同じくらい楽しみでした。

だって、高校の卒業式以来とかですよ?

披露宴でお色直しした彼女はなななんと深紅のドレスを着てきて、

それまでの彼女のイメージとがらりと変ってすごく新鮮でした!!

それにしても。

時が経つのは早いものです。

花嫁姿の彼女はとっても幸せそうでキレイだったのはもちろんですけど、

同席した友達と式の後におしゃべりしたのもすっごく楽しかったです!

一人はなんと弁護士さんになって、現在バリバリ頑張り中でした。

いやーこれで何かあっても安心だ!(オイ)

もう一人は知らない間にミセスになって、ちびちゃんを連れてたし!!

それでいて、なんかお人形さんみたいなかわいい服着てて、

もう一人の方が母親だって勘違いされてた(笑)。

でも、そのちびちゃんはすんごくいい子で、大人でさえ大変な披露宴でも、

とってもいい子にしてました。ママの日頃の薫陶の賜物ですな!

中学とか高校時代は同じ制服着て同じ学校に通っていたのに、

当たり前だけど卒業するとみんな違う道を歩むものなんですねえ。しみじみ。

このくらいの年だとみんな忙しいからなかなか会えないけど、

ママになったAちゃんとは、是非!平日お昼にお会いしましょうね★☆

と、堅い約束を交わしたのでした。

ここ数日スケジュール的にハードですけれど、気分は悪くありません。

むしろ、以前よりいいくらい。

この週末から、頓服しなくても全然問題ないくらいです。

とはいえ。

日曜はいよいよおねーたまの結婚式だあ。

それに明日は学部の卒業式で、夜からは学部ゼミのパーティーだ!

飲みすぎないように気をつけます。

何はともあれ。

結婚おめでとう!!末永くお幸せに★☆(>私信)