ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

すいません

どうも。

予想外に姉の結婚と海外転勤に伴う雑務に追われ、

予想外に時間も余裕もありません。

つかの間の至福のヒトトキであるネット徘徊すらままならず、

メールチェックも携帯で済ますくらい。

これプラス、論文の掲載のための校正作業も入るわけだし、

正直髪をかきむしってばかりであります。

何はともあれ、父方母方両方の祖母が、明日から月曜までうちに泊まりに来るという暴挙(?)。

この狭い家に、どうやってそれだけの人数が寝るのだろう。

さっき、部屋を六割がた片付けたけど、もうどうせ私の部屋には父が寝るからいっかという気も。

体力っつーか精神も崖っぷち。でも根性で乗り切ります。

ていうかそれしかねえだろうよ。

精神が追いつめられると、そのつらさの方向が他人に向く人と自分に向く人がいる気がする。

あたしは後者、人によっては前者。

自分に向けられてなくても、前者のような場合を耳にするだけで、

頭をかきむしって布団にもぐって号泣しちまうような状態ってどうよ。

何だよこの追いつめられっぷり。

ま、頓服薬多めにもらったので、ヤヴァいときは必ず飲むようにしてるのでご安心を。

というわけで、更新がしばらく出来なくなりますが悪しからず。

必ず、戻ってまいります。

乗り切って見せるぜ。