読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

犬が来た

どうもこんにちは。

先日、結婚とほぼ同時におねーたまが犬を置いてったお話をしましたが、

昨日うちに来ましたよ。とうとう。

どんな子かといいますとね。

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― このときはまだおとなしかった。

まあ洋犬ですわ。ホントは、柴犬とか雑種好みなんですけど、

ま、うちのサイズ的に厳しいというのと、

犬の苦手なおねーたまが「この子ならかわいい」と言ったのと、

私が抱いて「この子ならよし」と思ったのとで決定でした。

うーむ。『十二国記』シリーズの、麒麟が王を選ぶときの天啓のようなものですかね。

泰麒の気持ちがようやく分かった(小野不由美 『風の海 迷宮の岸』より)。

それまでは何度も抱いてたのにずーっとおとなしかったのでそういう性格なのかと思いきや、

うちに来る日から急にやんちゃになりました。

くんくん鳴いて遊ぼあそぼとじゃれてきます。

最近甘噛みの度合いがきつくなってきたので、ただいまお仕置き中です。

とはいえ、あたしが遊んでやらないというだけですけど。くんくん言ってる。

メスだけど。ちろくないけど。

父がどーしてもというので、名前はチロになりました。

もうなんでもいいです。

そんなこんなです。