読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

北京でのよもやま(天安門編)

どうもこんにちは。

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― どおん。

北京での一枚であります。

初日は夜到着だったので速攻で寝て、翌朝早くから早速市内を動きました。

つーか。この日、めちゃくちゃ歩いたのだった。

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― スタートは地門って言っちゃっていいのかしらね。駅はそうだった。

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― ううう。こんなに歩くのか。

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― 午前中、曇っているとなんだか視界が…

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― 天安門広場の手前、人民大会堂に並ぶ人々の列がハンパねえ。

しかもほとんど中国人らしい。

これ先の先まで続いてますよ。さすがに並ぶ気が失せました。

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― この辺の衛兵?は見てくれが結構いいらしいってホントですか先生。

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― やっぱり国内でも超有名観光地なんですね。団体客だらけでした。

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― よこになっちゃった。

それにしても、天安門のところの毛沢東の絵は半端なく大きかったです。

疲れたのでこの辺でいったん切ります。