読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

はあ…

どうもこんにちは。

最近ばたばたしすぎてて更新が滞り気味ですいません。

明日、非常勤だ…。やべえ、準備が…。

つーか。非常勤、もうあと2回でオシマイなんです。

早い…。

慣れてないのと二コマ連続講義(180分すよ!)とで、

講義初心者の私の間と集中力が持たず、結局映像資料と称して

毎回映画やドラマやアニメを見せて講義してレポート(感想)を書いてもらう

という授業を続けています。

「ズル」「手抜き」と思われがちですけど!

映像資料使って講義するの、実はすごく準備が大変なんですけど!

たとえば、講義内容に該当するようなニュース映像とかだといいんですけど、

一応講義の流れに沿っていて、かつ「資料」として映像を使う場合には、

候補をいくつも用意して、下調べして、映像を見て、また調べて、再検討、

という余計な作業が入ります。

特に私が現在お勤めしているところは専門学校であり、

社会学に最初から興味があるわけではありません。

ということもあって、知識を教えるよりは「社会学的なものの見方」を体験してもらう、

というコンセプトで授業をやっているのですが…どうだろう。

いわゆる社会学的なものの見方で一番私が授業で強調するのは、

「正しい/間違っている」、「良い/悪い」「…するべきである」といった感想で締めるのは禁止。

(そうしたい場合は、かならずその根拠と理由を明確にすべし)

ですね。

そういう意味で、講義ではあえて映像資料で是とされる価値に対して、

アンチテーゼを出してみたりしています。

本当は、映画やドラマは作り手の価値判断が多分に影響するので

社会学の資料としては扱いは非常に難しいのですが、

学生の興味のありそうなテーマのものを敢えて使って講義すると、

見方の違いに驚いてくれたりするのでこっちも楽しかったりします。

明日は学生のリクエストに応えた形になるので、これから試しに見てみます…汗

長いので二週に渡ってのつもりだけど、今からで間に合うのか…?!汗汗