ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

ゼミスウェット

ちんたら療養日記Ⅱ―もはや療養ではない― 行儀悪くてすいません。横のはゴミです。

学部生が、作ってくれました。学部ゼミのです。

この名前のゼミも、今年度限り。

先生の仕切るゼミは半年しかなくて、その後はほとんど私とか代わりの先生だったのに、

みんなこのゼミを大事に思っているんだなあと感じて嬉しくなりました。

夏合宿のときに、飲み会のときにその話が出て、

ノリで「いいねいいね~冬になるしスウェット上下~」って言ってたら、

ホントに作ってくれました。

意外に(失礼)オシャレなので、普通に外に着ていけそう。つーかこれは絶対そうなる。

今、さっそく着て作業ちうです。

軽くていいわ。これから、冬に大活躍しそうな予感です。

どうもありがとう。

さて、地獄の翻訳作業に戻ります。