ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

息抜きに

これ、読んでます。

ジーヴズの事件簿 (P・G・ウッドハウス選集 1)/P.G.ウッドハウス

¥2,900

Amazon.co.jp

漫画版もありますよ。

プリーズ、ジーヴス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)/勝田 文

¥620

Amazon.co.jp

プリーズ、ジーヴス 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)/勝田 文

¥620

Amazon.co.jp

もうね。

大好き!

育ちはいいし性格も善良そのものなんだけど、

ちょっと頭の中身が残念なご主人さまバートラム・ウースター氏と、

彼の身の回り一切を世話する使用人ジーヴズ。

ご主人様の身の回りに降りかかる、ちょっと困った厄介事は、

みんなジーヴズにお任せです。

私の萌え時代である、20世紀初頭イギリスが舞台というのもあるけれど、

なによりもお互いの信頼関係というか仲良しな感じが大好き。

学会発表前に図書館で借りてたんですけど、

最近ようやく改めて読み始めて、やっぱり大好きって思いました。

悪い人は出てこないし、みんないい人だし。

ジーヴズの機転と言うかなんというか、解決方法が鮮やかすぎて毎回溜息です。

現在、国書刊行会からぞくぞく翻訳が出版中。

ホントは全部買いたいけど、お金がないので泣きの涙です。

翻訳でも原語が洗練されてるのが感じられるので、

いつかチャンスがあったら原書で読んでみたい!って思わせるシリーズです。

あれ。あたいイギリス嫌いって言ってたのに…、

やっぱり超好きだわ。