ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

おめでとう!(と、かっこわるい追記)

どうもです。

週末、小学校から大学まで一緒だった、腐れ縁の友人が結婚式を挙げました。

彼女との濃い付き合いは大学時代だったんですけど、

一緒の部活で四年間一緒の仲間として過ごせた時間が一番濃かったです。

彼女とは四年の幹部のときに、一つの役職を二人で分担みたいにしてやっていたので、

引退の時、「あのコンビプレイはお二人じゃないとできませんよね」って言われたのが、

不思議なような照れくさいような、変な感じでした。

彼女とは、部活中だの、空き時間だのに、よく話をしてました。

たいていがくだらない話でしたが、当時若かりし(?)頃のメインといえば、

将来とか恋愛の話ですかね~wwww

当時、冗談含みも含めて、よく、結婚の話をしてました。

いくつくらいに結婚したいとか、どんな職業に就きたいとか、

何人くらい子どもが欲しいとか。

当時は全然現実味がなくて、お気楽に話していただけだったんですけど、

こないだ結婚式行って、もう彼女には夢でも冗談でもなく、

ホントに結婚したんだなあってしみじみしました。

自分がなまじまだ大学にいるせいで、どうにもそういうのが現実の感じがせず。

確かに周りに結婚している知人友人はたくさんいますが、

濃い付き合いでほんと昔からの間柄だと、なんというか、隔世の感がありました。

思い出せば、小学校のランドセルの頃から大学まで、

彼女の記憶はたくさんありますけど、そこにウェディングドレスが足されたんだな、と。

あたしも年取ったなあ。と思ってしまいましたよ。あはは。

T、ほんと結婚おめでとう。夢の一つが叶って、よかったね。

これからも末永く、お幸せに。

-------------

かっこわるい追記

と、ほんとはここでキレイに締めたかったんですが。

昨日、足の小指をドアの角に思いっきりぶつけて。

あたしドジらしくて、よくぶつけるんで気にしてなかったんですけど、

今回はわけが違った。

小指の爪がアレになることはなかったんですが、周囲が禍々しいほどにどす黒くなり。

爪がどうなったのか、怖くてあまり見てません…ひょえええええええええええええええええっ。

すっげえ腫れてます。今も。痛いよう。

骨折したような痛みはないんですが、しばらくは絆創膏プラス包帯ぐるぐる巻きにして、

ぶつけないようにしておこうと思います。

くっ…かっこわるい…そして阿呆だ…