読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

お久しぶりです

どうもこんにちは。お久しぶりです。

博論の布石にと、二月に論文を投稿するはずだったんですが、

あまりの体調不良にドクターストップがかかり、

春休みは完全休養という形になってしまいました。

完成度を上げようとするストレスが悪い方向に作用したようです。

なんというか、ようやくテンションもやる気も上がってきたときに限って、

身体が全くいうことを聞かないという状態って、こんなに絶望的なものなんですね。

今までのだましだましで何とかやってきた分だけ、

こういう形で投稿を取り下げたり先生方に「しばらく休養します」と連絡したり、

それで予想以上に暖かい言葉を貰ってしまったりして、

最初に倒れたM1の頃を思い出してしまいました。

去年の秋からの長引く体調不良が、深刻です。

このネット大好きPC大好きな私が、数週間PCを開けられない。

食事以外はずっと寝ている。

この私が、食欲が激減。

そしてなにより、酒がほとんど受け付けなくなってしまいました。

暇さえあれば酒を飲んでいたんですけど、

もう身体が全然欲しないんです。これ、やばいでしょう。

お酒は好きなんですけど、すっかり弱くなってしまって。

自分の中では、これが一番ショックでした。

「しばらく研究から離れるように」という主治医と指導教授のアドバイスを嬉しく受け、

最近は趣味に邁進しています。

先日、ようやく久しぶりに床払いできたので娑婆に出て、

映画なんぞをいろいろ借りてきてみました。

そんななかでみつけた、久しぶりのヒット。

ザ・ユニット 米軍極秘部隊 DVDコレクターズBOX/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

¥9,240

Amazon.co.jp

これねー。アツいですよ!

特殊部隊の過酷な任務と並行して、そのアクションがかなり本格的でまじ興奮します。

彼らの家族、奥さんたちの並々ならぬ覚悟と支えも描かれているのが新しいですね。

やっぱり、特殊部隊みたいな過酷な任務に就く兵士を家族で支えるということは、

家族側にも並々ならぬ覚悟と連帯が必要なんですね。

その辺のリアルな感じがとてもよくできていて、これはドンはまりの予感です。

DVDマジ欲しい。

それにねー。それ以上に感動したのがですねー。

出てくる登場人物が軒並みバンド・オブ・ブラザーズのキャストばっかり。

大してバンドオブブラザース見てない家族ですら、すぐに気づいたという(笑)

やはり戦争ものだと、出る俳優さんが重なるんですかねー。

いわゆる特殊部隊とか軍ものオンリーが好きな方には、

奥さん同士のやりとりがちょっとうざいかもしれませんが、

そういう家族の支えがあってこその危険な任務に就ける、というものはなのかもしれないなー、

と、そういう世界をまるで知らない私は新たな世界を教えて貰いました。

軍ものというか、軍を隠れ蓑にした特殊任務の部隊なので、

任務が多岐にわたります。

そんなに流血の惨事とかいうものではありませんが、

一話一話が緊張感の連続なので、そんなつもりでご覧ください。

まあ、好き嫌いが分かれるかと思いますので、お勧めはしません!

でも私は大好きでしたー!

お金あったらDVDBOX買うわ!絶対!

さて。今日はSWATかザ・パシフィックの続きを見ようと思います!

ザ・パシフィックは敵国が旧日本軍なのでなかなかエグイですが、

ドラマとしてのクオリティーはかなり良いです。

こちらの気持ちの整理さえうまくできるのであれば、是非お勧めの作品です。

吹き替えの人たちはフクザツだっただろうな~。

というわけで、しばらく戦争ものや特殊任務ものの記事が増えるかもしれません。

相変わらずそーいうの好きですいませんww