読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

最近のよもやま(本とか勉強とか編)

どうもこんにちは。

さっき、これを読破。


妖恋(ようれん) (PHP文芸文庫)妖恋(ようれん) (PHP文芸文庫)
(2013/07/17)
皆川 博子

商品詳細を見る

うーん。

皆川博子作品は、海外のごりっごりのものだけじゃなく、

こういう江戸ものもお得意なのです。

何とも言えない得体のしれない、妖しい美しさと底知れぬ怖さ、

そして逃れようのない絶望がつまった短編集。

装丁も江戸の読み物のようなデザインというか仕様になっていて、

ますます皆川ワールドへいざなってくれました。

久しぶりに新しい本を一冊読み切ったので、なかなかの充実感でした!

今度は長編に挑戦だ!

はてさて。

だいぶ落ち着いてきたとは言っても、やっぱり脳みそは思う通り動いてくれず、

単純作業ばかりしています。

そんなときに、近現代の日本史が弱いとしてきされたこともあり、

情けないですが高校の日本史の勉強を始めました。

近現代限定ですが、これがなかなか遅々として進まない。

受験で使わないとなると、ここまで脳みそが「必要ない」と排除してしまうのですかね。

あんまり張り切るとやっぱり脳みそが悲鳴を上げるので、

ほどほどにやっております。

とは言っても、今までにない久しぶりの勉強方法に、

ちょっと楽しくなっているのも事実。

買ってみた参考書に赤字で重要ポイントが書いてあるうえに、

赤い暗記用シートがはいっていたのには、懐かしくなってしまいました。

それになんといっても、参考書代が安いこと!

今まで暴利のような専門書を必死に古本で買っていた身には、新鮮に感じました。

シェアが大きいって、こういうことなのね…。

何はともあれ、少しずつ、無理せず、決して焦らず、

やっていきたいと思います。

(なんかM澤K治の詩みたいですねw)