読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんたら療養日記4 

南の国からこんにちは

ひさしぶりのよもやま

どうもこんにちは。

長らくご無沙汰をしてしまい、すみませんでした。

 

あれから半年、今度は実家とこちらを往復する生活が続いておりました。

色々と用事も入ってしまい、せっかく帰省していてもあまり予定を入れられず、

結局ばたばたしたままこちらに戻ってきてしまいました。

それプラス、ここ数週間はジェットコースターのような感じでした。

今のところは一段落していますが、諸々のケリがつくまで、

数日間のバカンス的ななにかを過ごしております。

 

突如降ってわいたようなバカンス的ななにか、

今までばたばたしていたときにはやりたいと思っていたことがたくさんあったのに、

いざ余裕ができるとやりたいことを丸ごと忘れるのはどういうことなのでしょう。

とりあえず、積ん読になっていた本を発掘し、ちまちま読み直しております。

備忘録的に、読んだ本をば。

 

とっぴんぱらりの風太郎 上 (文春文庫)
 

 

 

 

 

屍者の帝国 (河出文庫)

屍者の帝国 (河出文庫)

 

 ハードカバーで読んだんですけれど、該当のものがなかったので…。

 

 これもハードカバーで読んだんですけれど(以下略)。

どれも読み応えがあり、感想をまとめたいところなのですが、

うまく書けそうにないので、今回はリンクのみにとどめます。

 

あ、あとは見た映画をば。

 

best-seller.jp

「ベストセラー」というタイトルよりも、

現代の「Genius」の方がよほど意味が通じる気がしました。

作家だけではなく編集者も含めた、二人の「天才」の話に見えました。

無知無知なのでモデルの作家さんは知らなかったのですが、

20世紀前半のアメリカ文学を少し知っているとにやりとするようなところがあって、

そういう意味でも楽しめる映画です。

 

 副題詐欺というか、副題の印象で映画を見たら、

とても幸運なことにいい意味で裏切られました。

いい感じに思春期の中二病的な感じも含めた、青春映画です。

思春期にこれを見たら勘違いしてしまうかも(?)。

 

bd-dvd.sonypictures.jp

2016年の最新版の方です。

痛快ですね~。

メンバーが全員女性ですが、それがまたいい感じ。

過去作へのオマージュもあり、たまりません。

 

まあ、久しぶりにゆっくりできそうなので、

手持ちぶさたなこの感じも含めて、しばしの間、楽しみたいと思います。

*1:文春文庫

*2:文春文庫

*3:文春文庫